cat_title_domin.jpg

ルイベって!?

2015年3月号 AIRDO機内誌「rapora」掲載
※情報は2015年2月1日時点の内容です

北海道の新鮮な魚介類は、刺身やすし、海鮮丼など"生"で味わうのが観光グルメの代表格だが、「ルイベ」と呼ばれるちょっと変わった刺身がある。秋に捕れたサケを新鮮なうちに凍らせて保存するアイヌの伝統食で、名称もアイヌ語の「ル=融ける、イベ=食べ物」が由来。道内の居酒屋では、冷凍状態のままスライスし、刺身のようにワサビ醤油で味わうのが定番スタイルだ。「なぜわざわざ冷凍するの!?」と驚くかもしれないが、シャリッと冷たい食感や半解凍の独特な舌触りなど、ルイベならではの味わいを愛する道産子は多い。

編集:(株)KADOKAWA 文:葛西麻衣子 イラスト:ミヤザキメグ

※What is DOmin?の記載内容は、北海道全域で該当するとは限りません。また、道外にも同様の文化・風習がある地域もあります。

1503cover.jpg

2015年3月号 AIRDO機内誌「rapora」掲載
※情報は2015年2月1日時点の内容です

raporaはAIRDOが発行する機内誌です。
最新号はぜひ機内でお楽しみください。

TOPへ