cat_title_domin.jpg

べこ餅

2015年5月号 AIRDO機内誌「rapora」掲載
※情報は2015年4月1日時点の内容です

端午の節句と言えば、全国的に「かしわ餅」が主流だが、北海道では「べこ餅」と呼ばれる餅菓子を食べるのが定番だ。かしわ餅もあるが、道南や日本海沿岸などでは、圧倒的に"べこ餅派"が多い。米粉の白い生地と黒糖を混ぜた茶褐色、2色の生地を組み合わせて蒸し上げた物で、形は木の葉形や円形などさまざまあり、ツートンカラーのデザインも地域によって異なる。身近な存在だけに、「べこ餅」が北海道のローカルフードである事に気付いていない道産子は意外と多く、道外者に「これは何?」と聞かれ、逆に驚いてしまう事も。

編集:(株)KADOKAWA 文:葛西麻衣子 イラスト:ミヤザキメグ

※What is DOmin?の記載内容は、北海道全域で該当するとは限りません。また、道外にも同様の文化・風習がある地域もあります。

1505cover.jpg

2015年5月号 AIRDO機内誌「rapora」掲載
※情報は2015年4月1日時点の内容です

raporaはAIRDOが発行する機内誌です。
最新号はぜひ機内でお楽しみください。

TOPへ