cat_title_domin.jpg

エゾシカと衝突したため...

2016年2月号 AIRDO機内誌「rapora」掲載
※情報は2016年1月5日時点の内容です

北海道の山間部や森林地帯を走るローカル線に乗っていると、たまに遭遇してしまうのが、ヒグマやキタキツネなど野生動物と電車の接触や衝突事故。中でも、近年増殖しているエゾシカとの事故が最も多く、一時停止した車内では「乗客のみなさま、ただいまエゾシカと衝突したため、車両点検を行っております」とアナウンスが流れる。
地元の人からは「あぁ、またぶつかっちゃった」「かわいそうに...」などとため息がもれる一方、たまたま乗っていた旅行者などは、その北海道ならではのアナウンスに衝撃を受けることも。

編集:(株)KADOKAWA 文:葛西麻衣子 イラスト:ミヤザキメグ

※What is DOmin?の記載内容は、北海道全域で該当するとは限りません。また、道外にも同様の文化・風習がある地域もあります。

1602cover.jpg

2016年2月号 AIRDO機内誌「rapora」掲載
※情報は2016年1月5日時点の内容です

raporaはAIRDOが発行する機内誌です。
最新号はぜひ機内でお楽しみください。

TOPへ