cat_title_dothetown.jpg

歴代の松前藩主も訪れた北海道最古の「知内温泉」From 知内町(しりうちちょう) [知内町]

2016年1月号 AIRDO機内誌「rapora」掲載
※情報は2015年12月1日時点の内容です

知内町に伝わる古文書「大野土佐日記」によると、1247(宝治元)年、砂金掘りの際に発見されたと伝えられる知内温泉は、史料に基づく北海道最古の温泉。松前藩によって湯治場として整備され、歴代の松前藩主も湯治に訪れたという。

DATA

歴代の松前藩主も訪れた北海道最古の「知内温泉」[知内町]

TEL:01392・6・2341(知内温泉ユートピア和楽園)
料金:日帰り入浴/大人460円、小学生330円、幼児220円

どんなマチ?

津軽海峡沿岸に位置し、歌手・北島三郎の故郷として知られる。鎌倉幕府の将軍の命で砂金掘りが始まり、採取地として発展した。身の締まった「知内カキ」も人気。
人口:約4,700人 名所:矢越(やごし)海岸、雷公(らいこう)神社

プラス α

知内産のニラ「北の華」は、北海道トップの生産量を誇り、葉の幅が広く肉厚なのが特長。風味豊かで甘くやわらかいので、お浸しにぴったり!

編集:(株)KADOKAWA 文:葛西麻衣子

1601cover.jpg

2016年1月号 AIRDO機内誌「rapora」掲載
※情報は2015年12月1日時点の内容です

raporaはAIRDOが発行する機内誌です。
最新号はぜひ機内でお楽しみください。

TOPへ