cat_title_monogatari.jpg

特定非営利活動法人テツプロ ボルタ [室蘭市]

2015年5月号 AIRDO機内誌「rapora」掲載
※情報は2015年4月1日時点の内容です

写真:ボルタ 各650円(室蘭市内還元価格。※市外・通販価格は各780円〜)左から人気ランキング順に「ギターを弾くボルタ」、「ベースにうっとりのボルタ」、「自転車に乗るボルタ」。テツプロが運営する「ボルタ工房」の併設ショップのほか、JR東室蘭駅構内の「北海道四季彩館東室蘭店」、新千歳空港国内線ターミナルビル2階の「Craft Studio」などでも販売。※オンラインショップ、FAXでの注文・購入も可能。

"鉄のマチ"のチャーミングなボルト人形

太平洋と内浦湾の間に突き出た絵鞆(えとも)半島とその付け根に位置する室蘭市は、古くから鉄鋼業を中心に発展してきた"鉄のマチ"。中でも輪西(わにし)地区は、製鉄会社の門前町として栄え、昭和40年代には約2万人が暮らす賑やかな商業中心地だったが、企業の合理化や時代の流れと共に人口は減少...。空き店舗のシャッターが目立ち始めた。

そんな窮地を前に、「もう一度"鉄"を見直し、マチを元気にしよう!」と立ち上がったのが、商店街の経営者、後継者から、鉄鋼マン、学生、市役所職員まで、さまざまな立場の地元の有志だった。2004年には、活性化事業の一環として鉄に親しむイベント「アイアンフェスタ」を開催し、その体験溶接で製作したボルト人形が予想以上の人気に! これをヒントに、商品化を目指してアイデアを出し合い、試行錯誤の末、この鉄の人形「ボルタ」を誕生させた。

ボルタの体を形成するのは、全て工業部品。ボルトやナット、ワッシャーなどをハンダ付けして組み合わせ、職人たちが一つ一つ手作業で、今にも動き出しそうな躍動感と愛嬌あふれるポーズを作り上げている。演奏やスポーツなどポーズの種類は100通りもあり、それぞれにクスッと笑えるストーリーのメモが添えられているのも楽しみ。

身長5㎝と小柄だが、その小さな鉄の体には、"鉄のマチ"の歩みと、未来の夢が詰まっている。

写真:ボルタと仲良しのガールフレンド「ナッティ」とのカップルシリーズも人気。ナッティの声援を受けて、ボルタがダンクシュートを決める「奇跡到来のボルタとナッティ」(写真)2,050円(室蘭市外・通販は2,350円〜)など9種類がそろう。

こぼれ話

自分でボルタを作ろう!

工房では、ボルタの製作体験も実施している。参加対象は小学4年生以上(小学生は保護者同伴、未成年者は保護者の承諾が必要)。完全予約制で、申し込みは1週間前まで。実施時間は10・13・15時からの1日3回。1名2,160円(材料費・指導料込み)。旅の思い出にチャレンジしてみては?

問い合わせ

ボルタ工房

室蘭市輪西町1丁目32-6
TEL:0143・47・8233
10:00~17:00
休日:月曜日(11~4月は日曜日、月曜日)
http://www.tetsupro.com

編集:(株)KADOKAWA  文:葛西麻衣子 写真:渋谷文廣

1505cover.jpg

2015年5月号 AIRDO機内誌「rapora」掲載
※情報は2015年4月1日時点の内容です

raporaはAIRDOが発行する機内誌です。
最新号はぜひ機内でお楽しみください。

TOPへ