cat_title_monogatari.jpg

北見ハッカ通商 Wash Mint[北見市]

2016年8月号 AIRDO機内誌「rapora」掲載
※情報は2016年7月1日時点の内容です

写真:Wash Mint(ウォッシュミント)(10ml)2,700円北見ハッカ通商のオンラインショップにて販売
http://e-hakka.com

道産和種ハッカ100%のピュアな精油

北見市と言えば、日本一の収穫量を誇るタマネギの産地として知られているが、かつては、ある農産物の世界的な名産地でもあった。天然のハッカだ。最盛期の1930年代後半ごろには、世界生産量の70%以上ものシェアを誇り、精製したハッカ油やその結晶が世界中に出荷されていた。しかし、輸入自由化や合成ハッカの台頭によって、ハッカ産業は衰退の一途を辿ることに...。1983(昭和58)年には、道内唯一の北見ハッカ工場が閉鎖。そんな逆境の中、「ハッカの灯を消してはいけない!」と、工場閉鎖の翌年に創業したのが「北見ハッカ通商」(本社・北見市)だった。

同社は、北見ハッカの歴史と伝統を守り継ぐという使命を根底に、創業以来、看板製品のハッカ油をはじめ、コスメや食品など数多くのヒット商品を生み出してきた。さらに2006年からは、和種ハッカの本格的な栽培を開始。地場産原料を活用した製品の研究開発にも取り組んでいる。

そして2014年、満を持して発売されたのが、この「Wash Mint」。原料は、オホーツクの契約農場で手間暇かけて栽培された希少な和種ハッカ。昭和以降、途絶えていた「北海道産精製ハッカ油」が復活したわけだ。

甘くスーッと爽やかな香りは、どこか懐かしい日本古来のもの。その一滴には、北見を愛し、ハッカ文化を絶やさず紡いできた"守り人"たちの思いが詰まっている。

写真:道産精製ハッカ油を配合した、新発売のウェットティッシュ「Mint Face」。ノンアルコールタイプで、シートも天然パルプのみを使用。清涼感あふれるミントの香りとひんやり感が、夏にぴったり。携帯にも便利。1個(20枚入り)324円

こぼれ話

さまざまなシーンで活躍!

「Wash Mint」は天然100%なので、部屋の芳香や洋服の香り付けはもちろん、紅茶やお酒、お菓子の香り付けにも安心して使用できる。また、暑い時期には、お風呂や濡れタオルに数滴垂らすと、清涼感がアップ。登山やキャンプなどのアウトドアでも、必携アイテムとして人気が高い。

問い合わせ

[北見ハッカ通商]

北見市卸町1丁目5-2
TEL:0120・17・3663
9:00~17:00
休日:土曜日、日曜日、祝日
http://hakka.be

編集:(株)KADOKAWA 文:葛西麻衣子 写真:渋谷文廣

1608cover.jpg

2016年8月号 AIRDO機内誌「rapora」掲載
※情報は2016年7月1日時点の内容です

raporaはAIRDOが発行する機内誌です。
最新号はぜひ機内でお楽しみください。

TOPへ