cat_title_shigotonin.jpg

絵本作家 あべ弘士さん

2016年4月号 AIRDO機内誌「rapora」掲載
※情報は2016年3月1日時点の内容です

動物と自然を描き続ける

元・動物園の飼育係という異色の経歴を持つ、旭川在住の絵本作家、あべ弘士さん。旭山動物園が一躍脚光を浴びた「行動展示」の計画を「夢の絵」に描き残した人でもある。今も精力的に制作を続けるあべさんを訪ねた。

自分の目で見て・感じて・描く

絵はいつも、立って描くのだという。しかもスピードは、超人的に速いらしい。取材日に「ギャラリープルプル」に掛かっていた、干支(えと)の申(さる)にちなんだ3枚の絵も、「展示する前日にいっきに描いたんだよ」と、絵本作家のあべ弘士さんは話す。

職人一家に育ち、幼いころから「絵や工作は得意中の得意」だった。小学2年の時、夏祭りの露天で「スマートボール」の盤の仕組みをじっと観察し、記憶を頼りに家で再現。出来栄えは上々で、友達に喜ばれたという。

絵を描くことと同じく「自然の中にいて、生き物を観察するのも好きだった」あべさんは、1972(昭和47)年、図書館で読んだ野生のオオカミ絶滅についての本をきっかけに、旭山動物園の門をたたく。それから退職までの25年間は、飼育係の仕事に没頭。「動物命、って背中にしょってる気持ちで働いてたから」と笑う。ゾウ、ライオン、フクロウなどさまざまな動物を担当した。

当時は予算がなく、ポスターや看板は職員の手作り。絵がうまかったあべさんが頼まれる機会が多かった。現在、あべさんが絵本で表現している動物の多様な表情やポーズ、誰も描けないような構図は、この時代に培われたものだ。「だってさ、キリンに給餌するときは、2階くらいの高さから見下ろすわけでしょ。そんな場所からキリン見たことある人、あんまりいないよね」

写真左:「ギャラリープルプル」で閲覧できる書籍の中には、出版前の希少な見本作品などもある
写真右:ことし1〜2月に「ギャラリープルプル」で開催した「さる展」のために描き下ろした、テナガザルの原画

自然の中に身を置けば必ず何かがやって来る

映画化もされた「あらしのよるに」シリーズが高く評価され、現在に至るまで、多数の出版プランが並行して進んでいる。独立後は「本物の自然風景」を体感するため、アフリカやギアナ高地、シベリアにも旅をした。「実際行ってみると、これまで自分が描いてきたアフリカとは全然違った。地平線の感じも湿度も、何もかも」。

近年は北極圏へ。「ヨットでフィヨルド(氷河湾)の中に入ると、風もなく、ただただ無音の世界。そこにまず、雲がやって来た。その後80万羽ものウミガラスも見られた。自然の中にフラットな気持ちで身を置きに行けば、何かがやって来るんだよ」

その旅の体験とスケッチを基に、また何冊もの作品が生まれた。あべさんは旅に出ても、写真を撮らない。携帯電話も持たない。ただ描くだけ。「自分が目で見たもの、心で感じること」を何より大切にしている。

さらに、2011年には旭川買物公園に「ギャラリープルプル」をオープン。自らの原画を中心に、北海道の作家による作品なども紹介し、気軽にアートに触れられる場を提供する。

写真左:あべさんの著作より、最新作「どうぶつえんはおおさわぎ」、旭川を舞台にした「宮沢賢治『旭川。』より」(右)、エゾオオカミと人間の関わりを描く「エゾオオカミ物語」
写真右:使い込まれた画材の一部より。あべさんの作品は水彩画やパステル画など多彩だが、最も多く使うのはガッシュ(不透明水彩絵の具)だそう

PROFILE

あべ弘士(あべ・ひろし)

1948(昭和23)年、旭川市生まれ。1972年から25年間、旭川市旭山動物園の飼育係として勤務。1987年より、仲間と共に児童書専門店「こども冨貴堂」の共同運営に参加。在職中の1989年、「かがくのとも−雪の上のどうぶつえん」で絵本作家デビュー。以後、多数の出版社から絵本を刊行する。講談社出版文化賞絵本賞、赤い鳥さし絵賞など受賞多数。2011年にNPO法人かわうそ倶楽部を設立して理事長を務め、「ギャラリープルプル」を運営する。

DATA

ギャラリープルプル

旭川市7条通8丁目左1号
TEL:0166・73・8289
10:00〜18:00
休日:月曜日、火曜日
http://kawauso-club.com/
4月2日(土曜日)〜5月28日(土曜日)
「大ゴリラ展」開催
ギャラリーの5周年を記念した特別展。あべさんの作品の中でも特に人気のあるゴリラの絵にスポットを当て、絵本「ゴリラのりらちゃん」などの原画やイラストを展示する。

編集:(株)KADOKAWA 文:矢代真紀 写真:齋藤義典

1604cover.jpg

2016年4月号 AIRDO機内誌「rapora」掲載
※情報は2016年3月1日時点の内容です

raporaはAIRDOが発行する機内誌です。
最新号はぜひ機内でお楽しみください。

TOPへ