モモやブドウ、イチジク、ナシ、イチゴなど、多種の果物が収穫される岡山県。
種なしの黒系ブドウ『ニューピオーネ』を筆頭に、食べやすさを追求した品種改良や、冬期に成熟する『冬桃がたり』のような新品種の生産にも常に意欲的だ。市内では、高品質の果物をパフェで気軽に味わえるというから見逃せない!

¨晴れの国¨岡山でフルーツざんまい

温暖な瀬戸内気候で晴れの日が多い岡山県。その恵まれた風土と、長い歴史の中で進化を続ける栽培技法により、年間を通して多彩な果物が生産されている。代表的なのは、エジプト原産のブドウ『マスカット・オブ・アレキサンドリア』。本来、高温多湿の日本では栽培が難しい品種だが、1886(明治19)年、現在の岡山市でガラス室を採用して栽培に成功。

続きを読む

岡山空港で販売!岡山フルーツカレーはいかが?

岡山県で採れた果物の甘みと酸味がカレーに溶け込んで美味。 注目を集める¨ご当地カレー¨を食卓に!

編集:(株)KADOKAWA  編集協力:(株)エフィール  取材・文:藤田房子  撮影:タナカ ヒデヒロ

岡山へのアクセス

1504cover.jpg

2015年6月号 AIR DO機内誌「rapora」掲載
※情報は2015年5月1日時点の内容です

raporaはAIR DOが発行する機内誌です。
最新号はぜひ機内でお楽しみください。

TOPへ