パイオニアの「チホクコムギ」に始まり、後に続く「春よ恋」「きたほなみ」など
いま全国のパティシェたちから熱い視線を浴びている北海道産の小麦。
北国の気候風土を映す地麦とスイーツの“おいしい関係”を探ってみた。

道産小麦×スイーツのおいしい関係。

かつて日本の洋菓子といえば、柔らかなスポンジ生地に生クリームを華やかに飾るケーキが主流だった。その常識を覆したのが、1980年代半ばからフランスで菓子作りを学び、帰国したパティシエたちだ。

続きを読む

道産小麦と歩む、パティシエたち

生産者や研究者たちの情熱によって、進化を遂げる道産小麦ー。
北海道には、そんな地麦を生かし、風土が香るお菓子作りに励むパティシエたちがいる。
作り手の思いがぎっしり詰まった、それぞれのスイーツ物語をたどってみたい。

今すぐ食べたい! 春色スイーツ

人気菓子メーカーの春限定フィナンシェやチーズタルトから、サクラの里のロールケーキまで、道産小麦にこだわる¨春色スイーツ¨をご紹介!
お土産はもちろん、取り寄せも可能なので、気軽に北海道の春を味わってみては?

編集:(株)KADOKAWA 編集協力:葛西麻衣子 文:和田由美、葛西麻衣子 写真:亀畑清隆

2016年4月号 AIRDO機内誌「rapora」掲載
※情報は2016年3月1日時点の内容です

raporaはAIRDOが発行する機内誌です。
最新号はぜひ機内でお楽しみください。

TOPへ