新千歳空港から約1時間のフライトで訪れることができる仙台。
今回の旅は、その仙台空港からもほど近い「仙台の奥座敷」、秋保温泉が舞台だ。自然散策に最適な磊々峡ではライトアップが行われ、新たな名所も話題を集めている。その他、新緑のこの季節にお薦めのスポットを紹介。

新緑の秋保温泉・磊々峡の峡谷美を堪能

名取川の上流に湧き、仙台市街から車で約30分、仙台空港からも車で約50分とアクセス至便な秋保温泉。歴史は古く、開湯約1500年の名湯だ。
欽明天皇が在位中に皮膚病に感染した際、秋保温泉の効能を聞いてその湯を都に搬送させ、沐浴したところ数日で全快したという。

続きを読む

編集:(株)KADOKAWA  編集協力:佐藤晃子 文:鎌田ゆう子  撮影:佐藤紘一郎   後援:仙台空港国際化利用促進協議会

秋保温泉へのアクセス

1605cover.jpg

2016年5月号 AIRDO機内誌「rapora」掲載
※情報は2016年4月1日時点の内容です

raporaはAIRDOが発行する機内誌です。
最新号はぜひ機内でお楽しみください。

TOPへ